伊藤会計事務所スタッフが交代でお役立ち情報をお届け!

伊藤会計事務所スタッフブログ

税金

軽減税率の一体資産とは

更新日:

令和元年10月1日より、消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引き上げられましたね。

そして同時に消費税の軽減税率制度が実施されています。
その中でご質問の多い「一体資産」の取扱いについて簡単に解説をします。

一体資産とは

そもそも「一体資産」とは、食品と食品以外の資産が一体となった資産のことを指します。

例えば皆さんご存知のビックリマンチョコもお菓子とシールがセットのためこの一体資産に該当し、消費税が8%となります。

では、食品と食品以外がセットならば対象となるか、というとそうではありません。具体的には以下の要件を満たす必要があります。

①税抜価額が1万円以下である
(※一体資産ひとつ当たりの価格で判断されます。)

②全体価額のうち食品が占める割合が2/3以上である

その他にも、お菓子とおもちゃどれでもよりどり3品で1,000円といったようないわゆるセット販売とも混同されがちですが、もともとそれぞれの商品に別々の価格があれば一体資産とはなりませんのでご注意ください。

伊藤会計事務所では事業をされている方からの税務顧問のご相談を受け付けています。
税務への疑問やお悩みがありましたら、ぜひ伊藤会計事務所へご相談ください。

----------------------------

(米木)


伊藤会計事務所WEBサイトおよび当ブログ上にある情報は、記事作成時の法令に基づいています。 記載後に税制改正のある場合や、お客様の状況により取り扱いが異なる事がございます。また、税務関連記事内では、一般的事例としての取扱いのみを記載している場合があります。 上記のように当WEBサイトおよびブログに記載された記述は例外や特例も含め全ての事例について詳細に記したものではありません。最終的な税務判断においては、税理士または税務署にご相談ください。

-税金
-, , ,

Copyright© 伊藤会計事務所スタッフブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.