伊藤会計事務所スタッフが交代でお役立ち情報をお届け!

伊藤会計事務所スタッフブログ

確定申告 税金

給与所得者の副収入の申告漏れ?

更新日:

今年も所得税の確定申告の申告期間に入りました。

ちなみに今年の申告の期間は、平成31年2月18日(月)~平成31年3月15日(金)です。

多くのサラリーマンの方でしたら通常、年末調整によって源泉徴収された所得税額と納付すべき所得税額との過不足が清算されますので確定申告の必要はありません。

しかし、年末調整が済んでいる給与所得者であっても、その給与所得以外に副収入等によって20万円を超える所得を得ている場合には確定申告が必要です。

確定申告が必要な副収入とは

例えば、インターネットのオークションサイトやフリーマーケットアプリなどを利用した個人取引による副収入は雑所得に該当します。ただし生活の用に供している資産(古着や家財など)の売却による所得については確定申告が不要ですのでご安心ください。

他には、生命保険会社などから満期金や一時金を受け取られた方は、その収入が一時所得として申告する必要がないか、生命保険会社などから送付された書類で今一度ご確認ください。

また、競馬などの払戻金は課税の対象ですので、高額な払戻金を受けた場合には申告が必要となることがあります、ご注意ください。

気になる収入・副収入がある方、伊藤会計事務所ではご相談承っております。
まずはお気軽にご連絡ください。

(吉田)


伊藤会計事務所WEBサイトおよび当ブログ上にある情報は、記事作成時の法令に基づいています。 記載後に税制改正のある場合や、お客様の状況により取り扱いが異なる事がございます。また、税務関連記事内では、一般的事例としての取扱いのみを記載している場合があります。 上記のように当WEBサイトおよびブログに記載された記述は例外や特例も含め全ての事例について詳細に記したものではありません。最終的な税務判断においては、税理士または税務署にご相談ください。

-確定申告, 税金

Copyright© 伊藤会計事務所スタッフブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.